Tap to close
   

ハードル競技のケガのケア

ハードル競技のケガのケア

028-612-5804道案内

ハードル競技のケガのケア

皆さんこんにちは😄
今回は、陸上『ハードル走』で起こることのあるケガについてお話していきたいと思います✨

ハードル競技とは、いくつかのハードルを跳び越えながら走る速さを競う陸上競技の一つで短距離走の動きにハードリング動作が加わるので身体に対しての負荷が高くなります。
短い距離で男子は110mハードル、女子は100mハードルがあり、長い距離のものでは400mハードルなどがあります☝
それぞれの競技ごとにハードルの高さや、次のハードルまでの間隔が異なるため、『ハードルを跳び越える』動作にも距離によって違いが出てきます💡

ハードルを跳び越える際に脚が引っかかってしまったり、着地の際に体勢を崩したりしてケガが発生することが多くなります。
リード脚と呼ばれる前に脚を大きく伸ばしたりする動作時や、全力で走ったりするときに太もも裏の肉離れを起こしたり、跳び越える際に身体を大きく曲げたりするため腰痛も出やすくなります。

当院では、このようなハードル競技でのケガを防ぐケア方法のアドバイスや、早期の競技復帰へ向けたケアもさせていただいております!😊
是非一度ご相談ください✨

症状や治療について詳しい内容はこちらのHPにて是非ご覧ください😊
👇👇👇
https://central-utsunomiya.com/hurdlenokega

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ