Tap to close
   

投擲競技でのケガについて

投擲競技でのケガについて

028-612-5804道案内

投擲競技でのケガについて

皆さんこんにちは😄セントラル整骨院宇都宮店です
今回は、陸上競技の中でも『投擲競技』で起こりやすいケガについてお話していきたいと思います!
一言で『投擲競技』といっても『砲丸投げ』『やり投げ』『円盤投げ』『ハンマー投げ』などいくつか種類があり、それぞれ投げるもの重さも、形も、投げ方も大きく異なります☝

例えば、砲丸投げでは『グライド』と呼ばれる、砲丸を投げる際に勢いをつける動作がありますが
この動作の時に身体を屈めたまま急激に地面を蹴るように力を入れるため腰やハムストリングを痛めたり、砲丸を突き出すフォームが崩れ肘や肩を痛めたりする可能性があります🤔

その他にも、やり投げでは男子では800g、女子では600gの比較的軽い棒状の投擲物を投げる競技の為投げるフォームが非常に独特で
身体を大きく捻ったり、肩や肘を大きく後ろに引いたまま構えたりするため腰痛や肩、肘のケガをしやすくなります。
また、助走の勢いを上半身へ伝えるために脚を前に出して急激にブレーキをかける『ブロック』動作をするため足首や膝のケガも多くなります😣

今回は例として二つの種目のお話をしましたが、ハンマー投げや円盤投げでも回転をする独特なフォームなどから様々なケガに繋がりやすくなりますので、日頃よりしっかりとケアをしていく必要があります🤔
当院では、このような投擲競技でのケガを防ぐケア方法のアドバイスや、早期の競技復帰へ向けたケアもさせていただいております!😊
是非一度ご相談ください✨

症状や治療について詳しい内容はこちらのHPにて是非ご覧ください😊
👇👇👇
https://central-utsunomiya.com/touteki

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ